バックアップ対象を絞り込む

私は、Time Machineを使ってバックアップを行っていますが、その他にもSuperDuper!を使ったバックアップも併用してます。バックアップの重要性は分かっている。でも、時間がかかるので面倒。と、感じている方はいませんか? バックアップ対象を絞り込むことによって、時間を短縮できディスクスペースも節約できます。

重要ファイルといえば、自分が作成したドキュメント類や集めた書類などなので、それらを収めているフォルダのみを対象にして差分バックアップを行えば5分程度でバックアップを完了できます。

上画像は、SuperDuper!でバックアップ対象を指定したところです。バックアップフォルダと除外フォルダを指定して実行すると、元データとバックアップデータを比べて変更があったものだけがコピーされる差分バックアップを行ってくれます。データ比較に5分程度かかりますが、バックアップデータがあったとして数百MBくらいなのですぐに終わります。これを週単位にバックグランドで実行しておけば気づかないうちに終了してます。

コメントを残す