CD を取り出す

Leopardになって初めて音楽CDからiTunesへ取り入れようとしました。しかし、音楽CDがマウントしてくれません。Finderには認識されていないよう。さて、困りました。

私はディスクユーティリティを起動してサイドバーにあるデバイス欄でCDを探しました。運良くCDが見つかったので取り出しボタンで取り出すことができました。今回はFinderでは認識できなかったけど、ディスクユーティリティでは認識できたことになります。しかし、ディスクユーティリでも認識できなかったなら?と考えました。最近のMac製品には強制取り出しボタンのようなものが付いていないので困惑するでしょうね。

まずはダメもとでコマンドラインから df コマンドでデバイス名を探すでしょう。これはディスクユーティリティでもやっていることなので多分無理。でも、運良く見つけたならばすかさずコマンドラインから

hdiutil eject -force /dev/drivename

とすることでしょう。しかし、この可能性はほとんどゼロに近いと思います。次の対策としてどのようなものがあるでしょう。

+ コマンドラインから drutil tray open or drutil eject を試してみる。
+ システム再起動をかけてマウスボタンを押しっぱなしにする。
+ システム再起動をかけてオープン・フレームウェア:Command-Option-O-F?で開き eject cd としてから mac-boot とすることでしょう。

これでも問題が解決しなければ本体を修理に出すしかないでしょうね。

話はがらりと変わりますが、取り出しコマンド:Command-E?は便利なので覚えておくといいですよ。アプリケーションをインストールするためにディスクイメージをマウントすることはよくあります。このディスクイメージをアンマウントする際に取り出しコマンドが活躍します。なにも選択していない状態でそのコマンドを実行すると簡単にアンマウントできます。サイドバーを開いたり、ゴミ箱までドロップするより簡単でしょう?

コメントを残す