ubuntu を入れる。その2

インストールを済ませて使い始めるとどうもおかしくなってくるので調べてみるとParallels Toolがubuntu?7.10に対応していないのが原因でした。これがわかるまでに5回ものインストール作業を行っていたので疲れた。それから、Parallelsのサポートにubuntu 7.10のインストールガイドがあったのでそちらを利用した方が確かだと思います。前エントリーに追記するには文章量があるので別エントリーにしてみました。

前エントリーの続きってことで、3番目から書き始めます。

3\. 起動画面が表示されたら、すかさずF6キーを押して画面下側にコマンドラインが表示されるのを確認します。”–“の後に続けて”single”とタイプしてリターンキー押します。

4\. プロンプトが表示された状態で停止しますので、viなどのテキストエディタでXorg環境設定を編集します。”Screen”セクションを探して以下のように変更します。e.g. vi /etc/X11/xorg.conf

Section “Screen”
	...
	SubSection “Display”
		Modes “1024x768”
	EndSubSection
End

viだと”/Screen”とタイプしてリターンキーを押すとすぐに見つかります。編集が終わったら”exit”とタイプしてリターンキーを押すか、Control-Dでセッションを終了します。

5\. ubuntuがライブモードで立ち上がりますので、デスクトップにあるインストーラをダブルクリックで起動させて登録内容を編集して進めます。

6\. テキストモードがある程度進むとプロンプトを表示して止まります。ここでブートローダー環境設定をテキストエディタで編集します。e.g. vi /boot/grub/menu.lst

変更前: kernel /boot/…splash single locale=ja\_JP
変更後: kernel /boot/…splash locale=ja\_JP

上例のように”single”の文字列を削除して保存します。あとはコマンドラインから”reboot”とタイプしてリターンキーを押します。これで一連の作業は終了です。お疲れさまでした。

Note: ISOファイルを使われた方はCD/DVDデバイスの切り替えをお忘れなく。

コメントを残す