Gitの使い方メモ

バージョン管理システムに慣れてないとGitを使いこなすのは難しいね。少しずつトライ&エラーで慣れてきてはいますが、ある程度全体を見渡せるまでには時間がかかりそう。今は練習なので、バックアップしてあるファイルを対象としているので安心だけど、いざ本番となればこうはいかないだろうなぁ。もう三日目で挫折する予感。 :p

Gitコマンドを使わなくてもGitHubウェブアプリでどうにかなるし、ここは状況を見ながらやり易い方で対応していこう。

基本的な作業のコマンド例をメモしておこう。

**対象に含めないファイルを決める**
.gitignore ファイルを作成し、対象に含めないファイルを記述

**変更のあったファイルをコミット**

$ git commit -a -m “commit text”

**新たにコミットを付け替える**

$ git commit –amend -m “commit text”

**addしたファイルを止める**

$ git rm –cached

**タグを公開**

$ git push –tags

git-pull コマンドでも同じで –tags オプションを付けておかないといけないらしい。

**タグの削除**

$ git tag -d # ローカルのタグを削除
$ git push origin :refs/tags/ # リモート先のタグを削除

**リモート先のファイル変更**

To [email protected]:Pafuxu/my_files.git
! [rejected] master -> master (non-fast forward)
error: failed to push some refs to ‘[email protected]:Pafuxu/my_files.git’

リモート先ファイルに何らかの変更が加えられているので、 git-pull して同期させましょう。ローカル側を優先する場合は以下のコマンド。

$ git push origin +master:master

まだあったような気がするけど、気づいたら書き加えて行くことにしよう。

コメントを残す