ies4osx – X11 で動かす疑似ブラウザ

sc1-071127.png

「Mac OS Xで動くIE6の疑似ブラウザってないかなぁ」と書いたエントリーにtanouxさんから貴重なコメントをお寄せいただきました。日本語環境でも動くことを確認できたのでここにエントリーします。ただ、すべての機能が満足する動作をする訳ではないので、大まかなレイアウトの確認に使える程度です。最終的な確認はWindowsを起動してから行った方がいいでしょうね。

インストールにはこちらを参考にしています。

ies4osxを試す – soundscape out
ies4osxを試す(2) – soundscape out

Leopardを普通にクリーンインストールした環境ではX11は既にインストールされていますので、システムDVDからインストールする手間はありません。

メニューやコンテンツの文字表示が乱れるので、`Internet Explorer 6.0/Contents/Resources/ie6/drive_c/windows/fonts/` に日本語のMSフォントファミリーを入れてあげることで解決します。

ies4osx – X11 で動かす疑似ブラウザ” への4件のフィードバック

  1. 初めまして。
    いつも拝見させていただいております。
    ご紹介いただきありがとうございます。

    ies4osxについては、あまり期待していなかったものの、想像以上の動作だったので、ちょっとしたレイアウトの確認に使い始めております。
    これから、全体的な動作も改善されていくことでしょうから、期待しております。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. tanemoriさん、はじめまして。
    こちらこそ、今後もよろしくお願いします。

    導入の仕方をとてもわかりやすく解説されていたので、こちらでご紹介させていただきました。

    これからが楽しみなソリューションですね。表示速度が改善されると何も言うことがないんですが…。あと、PNG画像を表示できたりできなかったりと、ちょっと不安定なところがありますね。これが使えるようになったなら、Windowsを起動する手間が省けてとても助かります。

  3. あ、お役にたてて良かったです。
    しかし「大まかなレイアウトの確認」という程度の再現性ですか…
    ちょっと、微妙な使い心地ですね(笑)。
    tanemori さんのブログも参考になりました。僕もインストールして試してみます。

  4. tanouxさん、コメントありがとうございます。

    ParallelsからWindowsを起動することを考えれば遥かに早いです。

    どうもJavaScriptの扱いが苦手なように感じます。しかし、これからも改良が重ねられていくと思いますので、フル機能を使える日はそれほど遠い日ではないでしょうね。

コメントを残す