Coda 1.1: シングルウィンドウ Web 構築環境

icn_Coda_128.png

Panicからハンドコード派のためのWeb構築ソフトCodaが、更なるLeopardへの最適化と数々の改良およびバグフィックスを行ってリリースされました。これまで気になっていた細かい部分まで改良が進んで作業がやりやすくなりました。ちょっとしたことだけどうれしい。

エディタ画面で編集をしていると気づくと思いますが、テキストのプロポーションがきれいだと思いません?これはアプリケーションに内包されている”Panic?Sans”フォントなんです。よく見ると使い慣れた”Bitstream Vera Sans Mono”とよく似てます。調べてみると、やっぱりPanicとBitstreamが共同開発したフォントのようです。ぱっと見、よく似たフォントですが、目を凝らすとちょっとずつ違っています。

sc2-071201.png

‘B’を例にとると、Panic Sansだと垂直センターよりも上側に閉じられた空間があります。Font Bookで双方のフォントを切り替えながら見比べるとすぐにわかると思うのですが、この画像だとちょっとわかりにくいかもしれませんね。

こんなよいフォントをCodaだけで使うのはもったいないので、他のアプリケーション(ターミナルなど)でも使えるように”/Applications/Coda.app/Contents/Resources/Panic Sans.dfont”をコピーで取り出しFont?Bookに登録しました。

コメントを残す