PURL.orgでリダイレクト

リダイレクトサービスを利用することにしました。

RSS 関連の調査をしていると、 よく「purl.org」というドメイン名を見かける。 例えば、「RSS 1.0 specification」の リンク・アドレスは 「http://purl.org/rss/1.0/spec」となっている。 はたして、この「purl.org」は 何処のドメイン名なのか?

まず、単純にブラウザーで「http://purl.org/」に行ってみる。 すると、「PURL」とは「Persistent Uniform Resource Locator」の頭文字で ウェブの世界でいうところの「リダイレクト」をサービスとして提供している、 と説明されている。 このサービスでは、例えば「RSS 1.0 specification」のアドレス 「http://purl.org/rss/1.0/spec」へブラウザーで行こうとすると、 自動的に「http://web.resource.org/rss/1.0/spec」へリダイレクトされる。

シリコンバレー 24時: purl.org とは
シリコンバレー 24時: PURL Service 体験記

これで「」へアクセスすると自動的にサイトトップページの「」へリダイレクトすることになります。これをhead要素の作成者メタ情報としてresource属性で付けておくとセマンティックな香りがします。 🙂

コメントを残す