iPhoneの地図アプリを活用する

iPhoneに標準でインストールされる地図アプリがとても便利だと思う今日この頃。気に入ったお店やよく利用する施設の情報を簡単に連絡先に登録できるので情報管理に最適なツールですね。地図アプリを開き、キーワードを入力するとピンが降りてくるので目的のピン矢印をタップすると情報が表示されます。名称、電話番号、住所、ホームページがあればアドレス。内容を確認して間違いなければ連絡先へ登録と手間いらずです。既存の連絡先へのマージもできます。

たとえば、大分市市街地を表示させた状態で、キーワードに「大分銀行」と入力すると周辺にある大分銀行の所在が赤いピンで表示されます。目的のピンをタップすると、ピン見出しが出て名称を確認できます。右矢印をタップすると詳細情報ページが開きます。このキーワードに、「うどん」や「ラーメン」など大きな括りのカテゴリー名でもいいし、具体的な名称でもいいので試してみてください。

さて、ここまでは登録情報があるところを対象にしてきました。しかし、すべてのところが登録されている訳ではないので手動で連絡先を入力するところが出てきます。任意な場所を指定するには、画面右下にあるページがめくれたアイコンをタップして「ピンをドロップ」します。ピンを目的の場所へ移動します。ピン見出しにピンが置かれている住所が表示されていると思います。ここで矢印ボタンを押して詳細ページを表示させても住所がピン見出し通りに入力されていない事に気づくでしょう。これが仕様なのか、バグなのかは分かりませんがちょっと不便です。そこで、住所情報をコピーしてメモ欄にペーストしましょう。詳細ページで「場所を共有」ボタンを押して「メール」を選択します。メールアプリが起動してメッセージ作成画面が表示されます。件名にある住所をコピーして終了します。また、地図アプリに戻りメモ欄にペーストします。

次回は、住所ではなく緯度・経度での位置情報取得をエントリーします。

コメントを残す