MacPortsの再構築

なんとなくMacPorts環境とGitHub環境を再構築しました。不具合が生じたとか、ファイル構造がおかしくなったとかじゃないんですけど、いろんなコマンドをいじり倒したのでここでクリーンな環境に戻して使い続けようかなと。現段階だと再構築しても被害が少ないので。再構築手順も押さえておきたいという気持ちから行いました。

まずは MacPortsのアンインストール から

sudo rm -rf \
    /opt/local \
    /etc/manpaths.d/macports \
    /etc/paths.d/macports \
    /Applications/DarwinPorts \
    /Applications/MacPorts \
    /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
    /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
    /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
    /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
    /Library/Tcl/darwinports1.0 \
    /Library/Tcl/macports1.0

インストール はディスクイメージから行いました。インストールが完了したら .bash_profile へパスを書き入れておきましょう。コマンドパスとmanページの表示を行う上で重要です。

# MacPorts Path --------------------------
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/share/man:/opt/local/man:$MANPATH

お好みのものをインストール。私は、bash, vim, git-core, lv, nkf をとりあえず入れておきました。

コメントを残す