Snow Leopardではファイル圧縮技術が使われている

アップルはSnow Leopardをインストールすると7GBのディスク容量を節約できると公表しています。しかし、実際にSnow Leopardをインストールしてみると環境によって7GB以上のディスク容量が減少していることに気づくと思います。ユーザによっては20GBくらいの節約ができたと聞いたりします。Mac OS Xに関わるコードをスリム化したとしても使われている技術は一緒なのでそれほどの減少は期待できないと思っていたところ、ファイル圧縮技術が使われていると聞いて納得です。

詳しく書かれた技術文章が見つからないので、どのような仕組みで行われているのかは今のところ解っていません。WWDCで発表されていたことらしいのですが気がつきませんでした。

コメントを残す