Text Editor Actions for Coda v2.0b3

HTML 文章を書くのに Coda を使っています。ハンドコードする上で欠かせないプラグインが「Text Editor Actions for Coda」です。Espresso では標準でインストールされていますが Coda では別途インストールしなければなりません。

何が便利かといいますと、zen coding が使えること。この構文を覚える手間がありますが、習得してしまえば作業効率が格段に向上しますよ。CSS セレクタを理解しているとすぐに使いこなせるようになります。

他にも、コンテンツや要素の選択が簡単にできたり、選択した要素に親要素を追加したり、とかが簡単にできるようになります。わざわざマウスに持ち替える手間がなくて入力できます。

一例として、箇条書きリストを ul 要素でマークアップしてみましょう。

home
about
content

3行を選択した状態から Wrap With Abbreviation (control-shift-A) アクションを使います。コマンド実行シートが表示されるので

ul>li*>a

と入力して実行します。すると

このように要素が補完された状態になります。ビデオを見るともっと理解が早まるかもしれません。

Demo video with current Zen Coding features

コメントを残す