Aperture 3.0.2 アップデート

アップデート内容:

– Aperture 1.x および 2.x ライブラリのアップグレード
– iPhoto または以前のバージョンの Aperture からのライブラリの読み込み
– 階層化された写真フォルダのライブラリへの読み込み
– “人々”での名前の追加および一致の確認
– “人々”のコルクボード上のスナップショットの並べ替え
– プリントプリセットの作成と保存
– メタデータプリセットの複製
– カーブ、傾き補正、レタッチを使用した調整
– ビューア内でのスクロールを使った写真の操作
– XMP サイドカーファイルからのレート、カラーラベル、および GPS データの読み込み
– IPTC メタデータの互換性
– Aperture のゴミ箱を空にしたときの写真の削除
– バージョンおよびライブラリの書き出し

アップデートを行っておかしいなあ、と感じたらアクセス権やデータベースの修復を試みるといいですよ。

aperture-dialog.png

コマンドキーとオプションキーを同時押ししながらApertureを起動することでFirst Aidダイアログが表示されます。

新機能で便利だなあと感じたのが「ビューア内でのスクロールを使った写真の操作」です。

aperture-pref.png

初期設定では有効になっていないので、環境設定を開き「ビューア内でのスクロールを使った写真の操作」項目にチェックを入れます。ビューワに表示された写真移動がマウススクロールでできるようになります。

コメントを残す