Aperture のキーマップがおかしい

メニューに示されるキーでキーボードを叩いてみると思ったような動作をしない。ってことがこれまでのApertureにはありました。これは環境に依存する部分が多くて、私のようなちょっと変わった環境で発生するようです。しかし、Aperture 2.0になってからはキーボードショートカットをカスタマイズできるようになったので、この問題はクリアできます。

Aperture-keymap.png

USキーボードを使っているのに、JISのキー配置と勘違いしていると思い当たったら[Apertureメニュー→コマンド→カスタマイズ]でカスタマイズ画面を開いてください。左上にあるプルダウンメニューは「デフォルト」となっていると思います。そこをクリックして[デフォルト→英語]にチェックを入れてから「複製」を選択して適当な名前を付けて保存します。これで設定は完了です。画面を閉じて思い通りに動作するか確認してください。

[Apertureメニュー→コマンド→デフォルト→英語]としてもいいのですが、Apertureを再起動するとまた日本語に戻ってしまうので、新たにコマンドセットを作成してから指定した方がいいみたいです。

コメントを残す