Mac OS X: コマンド+ドラッグ

Leopardになってから日本語入力ソフトに「ことえり」を使い始めました。変換精度も悪くないし、なんといっても純正のインプットメソッドってのがいいですね。Leopardは見た目も大きく変わりましたが、見えない内部も様変わりしてます。まだ、デベロッパの対応が追いついていない時期なので安心して使えるのがいい。

そんな「ことえり」なんですが、標準の辞書では思い通りの単語を導いてくれません。そこで単語登録をせっせとやる訳です。現在は単語登録ソフトは開いたまんま。思い通りに変換できないなぁと感じたらすぐに単語登録。手作業で単語登録を行うことも多いですが、WebブラウザやMUAに表示された単語を選択して?control+shift+N?とショートカットキーを使うと単語をコピーしてくれて入力の手間が省けます。では、登録したい単語がもう一つあったとしたら、あなたならどのようにしますか?

再びWebブラウザに戻って単語を選択してショートカットキーを利用します?
そんなの面倒ですよね。「よみ」を入力して「単語」テキストフィールドへカーソルを置いたら、おもむろにコマンドキーを押しながらWebページの単語を選択してちょっと時間を置いてテキストフィールドへドロップしてください。

SC6-071027.png

単語がテキストフィールドへペーストされましたね。こんな面倒くさいことしなくても、タイプした方が断然早いよ!!って思われる方もいられるでしょう。私もそう思ってましたから。でも、ケースバイケースで利用すると便利なんですよね。単語登録に限らず、テキスト編集のときに長文を引用するときなんかにいいですよぉ。

コメントを残す