GitとRubyを最新に

OS X用のパッケージ管理システムHomebrewを導入したのには2つの目的がありました。GitとRubyの最新バージョンを使うこと。GitはGitHubを使う上で欠かせないものだし、RubyはSASSとCompassを使うようになったのもあって、安定版Rubyにバージョンアップしてみようと云う気持ちになったのでした。私が使う用途はRubyをバリバリ使うわけでもないので、このままでもいいかなあと考えていました。が、しかし、OS XにプレインストールされているのはRuby 1.8.7です。このバージョンは昨年(2012年6月)に開発終了され、サポートは今年(2013年6月)まで行われ予定通り終了しました。現在の安定バージョンはRuby 2.0.0-p247です。ま、ついでにやっちゃいましょう!って感じです。

環境

OS X Mountain Lion 10.8.4
Xcode 4.6.3
Homebrew 0.9.4

インストール

ターミナルから

$ brew doctor
$ brew update
$ brew install git rbenv ruby-build openssl readline

次に ~/.bash_profileeval "$(rbenv init -) または if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi を追記。

$ source ~/.bash_profile  #bash環境設定の更新
$ gem install rbenv-rehash  #rehashの自動化
$ rbenv install 2.0.0-p247
$ rbenv global 2.0.0-p247  #2.0.0-p247を使う設定
$ ruby -v  #バージョンの確認

このような手順で進み終了。
元の状態(OS Xプレインストールバージョン)に戻すには

$ rbenv global system

余談ですが状態を確認するには

$ rbenv versions  #管理しているバージョンを表示
  system
* 2.0.0-p247 (set by /Users/acc/.rbenv/version)

ここまでで問題がなければインストールは終了です。
では実際に動作確認してみましょう!

$ irb  #Interactive Rubyを起動
irb(main):001:0> 1+1  #計算をしてみる
=> 2  #結果が返る
irb(main):002:0> exit  #終了

インストール手順で問題があればコメントいただければ幸いです。

コメントを残す