sudo shell プロンプトデザイン

デフォルトのシェルプロンプトは使いにくいので少々手を入れて使いやすいように変更してます。コマンドを入力する位置がパスの長さによって変化するのは目が疲れます。そこで、コマンド入力は常に左端にして視点の移動を少なくしています。

PS1=”\u@ \h: \w\n\$ ”

これで、パスがいくら長くなってもコマンド入力する位置は常に左隅。

macosxhints.com – 10.5: Fix the sudo shell prompt

スーパーユーザになりっぱなしってのは危険が伴うのでなるべく避けているけど、どうしてもって時が来るかもしれないので上のエントリーを参考にプロンプト設定を変えてみました。

SUDO_PS1=”\[\e[31m\]\u@\e[0m \h: \w\n\[\e[31m\]\\$\e[0m ”

どうせなら色を付けて視覚的にわかりやすくした方がいいよね。ってことで、カレントユーザ名と記号のところを赤色にしてみました。これで「今はスーパーユーザなんだぞ!!」とすぐにわかります。この環境変数を常に使いたい場合は `.bash_profile` に以下のように書き込んで保存してください。

export PS1=”\u@ \h: \w\n\$ ”
export SUDO_PS1=”\[\e[31m\]\u@\e[0m \h: \w\n\[\e[31m\]\\$\e[0m ”

スーパーユーザから抜けるには、Control-D または Control-C もしくは exit とタイプしてリターンキーを押すことで行えます。私は?Control-D?を2度押してカレントシェルから抜ける使い方をよくします。

コメントを残す