秘密メモを作成する

誰にも見られたくないテキストメモをパスワードを付けて保存しておける方法を紹介。しかもiCloudに秘密メモを保存するので他のMacでも閲覧できるはず。(試してないので確かでない)残念ながらiOSデバイスには対応してないです。

「キーチェーンアクセス」を開き

  1. 左上ペインから「iCloud」を選択。
  2. 下の説明通り秘密メモを作成する。

この先、ウイルスに感染して出てはいけない情報が公開されない保証はないので大切な情報はしっかり守っておきましょう。


機密情報を安全に保管する

キーチェーンを使って、コンピュータに関係のない機密情報を安全に保管することができます。たとえば、銀行口座の PIN(個人識別番号)、クレジットカード番号、機密メモ、暗号キーなど、公開したくないあらゆる情報を保管できます。

「キーチェーンアクセス」を開く


  1. キーチェーンが隠れている場合は、「表示」>「キーチェーンを表示」と選択します。
  2. 使用するキーチェーンを選択します。
    キーチェーンがロックされている場合は、カギのアイコンをクリックし、キーチェーンパスワードを入力して、ロックを解除します。
  3. 「ファイル」>「新規秘密メモ項目」と選択します。
  4. メモの名前を入力します。保存した情報の内容を簡単に思い出せるような名前を付けてください。
  5. 「メモ」フィールドに、保管したい情報を入力またはペーストします。
  6. 「追加」をクリックします。
  7. 必要に応じてパスワードを入力します。

メモの内容を表示するには、「分類」リストの「秘密メモ」を選択し、メモをダブルクリックしてから、「メモを表示」を選択します。「アクセス制御」パネルで「アクセスを常に許可」を選択していない場合は、キーチェーンパスワードを要求されます。

注: 「この項目へのアクセスを常に許可」は、キーチェーンのほとんどの項目で選択しないようにしてください。選択すると、保管した情報の安全性が低下します。

コメントを残す