Safari 3.1.1 – 4件のセキュリティ脆弱性を修正

このアップデータは、主にセキュリティの改善が施されています。

Safariのアップデート公開、コンテストで発覚の脆弱性に対処 – ITmedia News

また、アップデート適用後Webページの読み込みが遅くなる事例が出ているらしく、対処としてはスタンドアローン版インストーラで再インストールすることによって改善するようです。

ことえりを使用してブログのコメント・パスワードフィールドに入ると入力モードの切り替えができないバグは直っていませんでした。直るまでショートカットキーで対処するしかないですね。

コメントを残す