zipcloak コマンドでパスワードを設定。

zipcloakコマンドを利用してパスワードで保護しておけば機密性の高いファイルをやり取りする場合に安心です。利用はコマンドラインから行うので、ちょっと煩わしいですが頻繁に使うものでもないのでいいかな。

$ zipcloak Archive.zip

zipcloakコマンドには圧縮機能が備わっていないので、zipファイルに対して行ってください。

ここで、ちょっと寄り道してアーカイバについて紹介。

Mac OS X標準で備わっているアーカイブユーティリティだけでは、すべての圧縮フォーマットに対応していないため補う必要があります。そこで、私は以下のアプリケーションをインストールしています。

– The Unarchiver
– Stuffit Expander

あくまでもメインに使っているのはアーカイブユーティリティです。ダウンロードしたアーカイブファイルを残して解凍したい時には、アーカイブファイルをダブルクリックで開くことによってアーカイブユーティリティが起動します。しかし、アーカイブファイルを開くと同時にゴミ箱へ移動させたい場合は、Finderウィンドウのツールバーに登録してあるThe Unarchiverアイコンへドロップするようして使い分けています。もちろん、The Unarchiverの環境設定でアーカイブファイルをゴミ箱へ移動するように設定しています。

ツールバーへの登録は、コマンドキーを押しながらアプリケーションをドロップすることでできます。

コメントを残す