UlyssesがMediumに対応

Ulysses with Medium

愛用しているテキストエディタUlyssesがアップデートされました。今回の目玉はソーシャルブログメディアMediumにUlyssesで書いた記事が公開できるようになったことでしょう。Mediumのアカウントは2012年Medium立ち上げ時に取得していたのですが使い道が分からず放置状態でした。Mediumが2015年10月7日に自身のロゴを変更して内容を大幅アップデートしたことから注目しているところでした。Ulyssesとの連携と相まって使ってみよう度が高まっています。その他にも、最近はテキストを書いていなかったので何か書いてみようかなと考えていたこと、El Capitanの日本語入力の精度および使い心地を確認しておきたかったこと、などなどテキストエディタで文章を書いてみたかったんですよね。

UlyssesからMediumに投稿するにはまずMediumと連携を取らなければなりません。

  1. Mediumの設定ページへ行きトークンを発行。(設定ページの下に「INTEGRATION TOKENS」項目があるので「Enter a description for your token」フィールドに適当な文字を入力して「Get integration token」ボタンを押すことによってトークンが発行されます。)
  2. Ulyssesの環境設定を開き「アカウント」ペインを表示させ「INTEGRATION TOKENS」フィールドに先ほど発行したトークンを入れます。

これで環境は整いました。では、投稿する手順です。

  1. Ulyssesで記事を書きます。「クイック書き出し」ボタンを押しMedium項目を選択。
  2. 表示されたポップアップから「投稿(下書き)」ボタンを押します。

これでMediumの下書きに投稿されたので記事を整えて公開ボタンで共有できます。

コメントを残す