iOSでブログ記事を書く環境

最近手に入れたMagic Keyboard -JISの使い勝手を確認したいのと、うれしくて仕方がないので何か書いてみる。で、思い至ったのが「iOSでブログ記事を書く環境」について書いてみようかと。

私の作業環境は移り変わりやすいので常に一定ではないです。その時々によって使うアプリやハードは変化します。新しいアプリがリリースされれば機能を確認するために使う時もあれば記事の内容によってもアプリは変わってきます。アプリによって得手不得手もあります。そこを吟味しながら使い分けていくわけです。そんなわけで最近使っているiOSアプリを紹介します。ちなみにハードは「iPad Pro + Magic Keyboard – JIS」です。

iOS Apps
Drafts
Copied
WorkFlowy
Byword
Ulysses for iPad

情報収集: Drafts, Copied
ブログ記事を書くにあたって必要な情報を集めます。5W1Hといわれるものですね。When(いつ) Where(どこで) Who(誰が) What(何を) Why(なぜ)したのか?そしてHow(どのように)。それとリンク情報を集めてまとめます。記事に書かないまでも裏付けは取っておく必要があると考えるからです。手抜きする時もありますけど、なるべく正しい情報を書くように努めています。

ブラウザやソーシャルメディアで得た情報をコピーまたはアプリ機能拡張を利用して集約していきます。DraftsやCopiedはマージ機能があるのでとても便利です。

構成と校正: WorkFlowy, Byword, Ulysses for iPad
バラバラに集めた情報をつなぎ合わせて文章を組み立てます。組み立てにはアウトライナを使うと全体を見渡せて便利です。今はWorkFlowyを使っています。無料で始められるのでオススメです。気に入ったら有料版にアップグレードして、さらなる快適環境を手に入れましょう。

文章が組みあがったら画像やリンク情報を付加していきましょう。私はMarkdown記法で仕上げていきます。今のところオススメはUlyssesかな。近々アップデートされてもっと使いやすくなるみたいですよ。Ulyssesの良いところはMacとiPad Proを行き来できるところです。今回紹介したアプリはDrafts以外はすべてMacと連携が取れるアプリです。

まとめ

取り止めのない事を書いてしまいましたが、iOSでMagic Keyboardを使って文章を書く事はデスクトップ環境と遜色ないくらいに近づいています。アプリ間の連携も取れるようになって嬉しい限りです。Magic Keyboard最高! 🙂

コメントを残す