Windows7SP1からWindows10へ

Mac上で仮想環境を構築できるParallelsを利用してWindows7を稼働させておりましたが不安定になったこともあってWindows7を再構築することにしました。クリーンな環境を入れるので、ついでにWindows10へ無償アップグレードすることにしました。クリーンインストールしたWindows7SP1からWindows10へはアップグレードできず累積アップデートをかけてから行うしかありませんでした。累積アップデートが166個、随分と待たされました。次はWindows10のダウンロードです。これまた止まっているのかと思えるほど進捗状況が進みません。この時点で半分後悔してました。やるんじゃなかった…。

無事にインストーラーをダウンロードし終えてインストール作業開始です。が、しかし、ライセンス認証ができていません。旨のダイアログが出てそこから進みません。そこで初めて知ったのでですがWindowsでは認証を3日後に自動で行うか、すぐに認証を済ませたい時は手動で行わなければならないらしい。がーん、インストラーを終了させるの?今までの時間はムダだったの?

再度、気を取り直してライセンス認証を済ませ。Windows10のインストーラーをダウンロードです。時間帯が深夜になったおかげかダウンロード速度は先ほどより速いです。なんとか無事にWindows10にアップグレードできました。

コメントを残す