ランキングで本を買わない。

いつかのNHK“クローズアップ現代”で「ランキング依存が止まらない〜出版不況の裏側」というのをやっていた。本が売れずに出版社が倒産しているという。近いところでいうと「九天社」などは有名ですね。手持ちの「Web Standards Design」とかは消えていく運命ということか。

書籍の物販システム上、売れないから数を作る、という「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」方式にするしかない実情はわかる。その結果、出版点数は毎年増加の一途をたどり、現在は毎年8万タイトルあまりが世に出回っているという。そんな中から、1タイトルを選ぼうとする時に役立つのが「ランキング」な訳です。上位ランキングのタイトルが書店の目立つところに並べられて、あとはある一定期間置かれて出版社へ返却となります。そんな訳で、私たちの目に触れずに消えていく書籍がなんと多いことか。まぁ、これは書籍に限ったことじゃないんだけど。

眠れる良書をひとつでもいいから拾い上げてあげようと思うのでした。

コメントを残す