私が彼を殺した。

私の大好きな東野圭吾作品。『私が彼を殺した (講談社文庫)

> 婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。 事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。

物語の最後で、関係者を集めて謎解きが始まります。証拠となる3枚の写真をテーブルにおいて、刑事は「犯人はあなたです」といって物語が終わります。え?なに?、もしかして落丁?と思ったのは私だけではないでしょう。訳もわからず目録のページをめくって行くと、最後に袋とじがありました。「推理の手引き《袋綴じ解説》西上心太」おぉ、これで犯人を確定できるのか。と、読み進めてみるも犯人を見つけ出す重要なヒントは書かれていますが、名前が書かれていません。

私の推理が正しいのかわからないので、ググってみたところ「東野圭吾さんのファンサイト/御託をもうひとつだけ/私が彼を殺した」に犯人を裏付ける検証と名前が書かれていました。これで、のどのつかえが取れた気分です。

コメントを残す