WPtouch を使ってみる

当ブログへ iPhone/iPod touch を利用してアクセスすると、読みやすいようにとiWPhoneというWordPressプラグインを使ってレイアウトを最適化してきました。これをちょっと高機能なWPtouchへ置き換えて試運転中です。

wptouch_sc.png

インストールがプラグインディレクトリへフォルダごとコピーするだけと楽にできるのも魅力のひとつ。

ついでに、同作者のWordTwitという、新規エントリをTwitterへ自動配信してくれるプラグインも試運転中。

(追記: 2008-08-25T12:02:18+09:00)
WP-Cacheを使われている方は、アンオフィシャルなWP-Cache 2.13をインストールして適当なUser-AgentをリジェクトしておかないとiPhone/iPod touchに最適化されたレイアウトを読み込めないようです。via: Solving WP-Cache Compatibility

wpcache_option.png

WPtouch を使ってみる” への5件のフィードバック

  1. いまのところiPod touch向けのプラグインをoffにしていましたが、これならまた使ってみようという気になりますね。早速入れてみました。いつもながら貴重な情報ありがとうございます。

  2. 見た目の良さやギミックが面白いので使い続けたいところなんですが、WP-Cacheと併用すると、どうも具合が良くないみたいです。う〜ん、どうしたものかなぁ…。

  3. おぉ、iPhoneから見ていますが、良い感じですね。Typepadではこうはいかないので、iuiを使ったテンプレートでもと思いましたが投げ出しちゃいました。

  4. @yostosさん
    おぉ、iUIというのがあるのですね。これだと簡単にiPhone用のレイアウトを書けるようですね。でも、作り込もうとすると大変そう。私のような根気の無い人間には無理っぽい。 😉

コメントを残す