WP-Syntax を導入する。

シンタックス・カラーリングを行ってくれるプラグイン「WP-Syntax」を使い始めました。これで構文が見やすくなるかな。

pre要素に属性を書き足して使うやり方なので、既存のpre要素との見た目の調整にちょっと手間取ってしまった。

-- Insert current time
-- 

global textToInsert

on displayErrorMessage(s)
	display dialog (s) buttons {"OK"} default button "OK" with icon caution
end displayErrorMessage

tell application "MarsEdit"
	
	try
		set currentWindow to document 1
	on error errorMessage
		displayErrorMessage("現在日時を追加することができませんでした。新規に投稿ウィンドウを作成してから行ってください。") of me
		return
	end try
	
	set currentTime to do shell script "date '+%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z' | sed 's/00$/:00/'"
	set textToInsert to "(追記: " & currentTime & ")"
	
	
	set selectionContents to selected text of document 1
	if selectionContents is not "" then
		set textToInsert to selectionContents & " " & textToInsert
	end if
	
	-- Replace the selected text with the new text
	set selected text of document 1 to textToInsert
end tell

上記は、MarsEditで追記を行う際にカレント日時を書き足してくれるAppleScriptです。

WP-Syntax を導入する。” への2件のフィードバック

  1. displayErrorMessageの定義部、Mesageになってますぜ。

  2. ばびさん、訂正をしていただきありがとうございます。
    定義部分を書き換えておきました。

コメントを残す