iTunes8を使ってみる。

icn_iTunes_128.png

今回の目玉はなんと言ってもGenius機能だと思う。パーティーシャッフルとGeniusの違いは?と最初に思い当たるのではないでしょうか。パーティーシャッフルはランダムに選曲するのに対して、Geniusは曲調やジャンルが似たものを選曲するように思う。その日の気分で選曲してくれるのでいいかもしれない。(たまたまかも…。)

グリッド表示も目新しいところ。アルバムアートワークが揃っていればきれいに表示してくれるので気分がいい。アートワークが抜けていると残念なことになってしまうので、Googleのイメージ検索から探して来て貼付けるといいでしょう。

さて、環境設定項目やアプリケーションメニューバー項目の配置がかなり変更になっているので最初は戸惑うかもです。読み込み設定が一般タブに移っていたり、ID3タグの変更がメニューバーから消えてコンテキストメニューのみになってしまったりで迷うこと間違いなし。

音質が上がってきてるみたいで、近々Volume Logicの出番がなくなってしまうかも。

iTunes8を使ってみる。” への2件のフィードバック

  1. たぬ。です。お久しぶりです。
    まだアップデートしてないんですが、音質も向上してるんですか。ちょっとびっくりです!
    「近々Volume Logicの出番がなくなってしまうかも」というぐらいなら、相当の進化ですね。楽しみ♪

  2. たぬ。さん、どうもです。

    アップデートした際には、Volume Logicをオン/オフして聴き比べてみてください。標準イコライザで調整してあげれば、あまり差異がないような気がします。

コメントを残す