吉野家の牛丼

月に一度程度、吉野家の牛丼が無性に食べたくなる。BSE問題で牛丼がメニューから姿を消した時期は、あまり吉野家へ足が向かなくなっていましたが、また牛丼が復活したようなので月一程度食べてます。

いつも頼むメニューは一緒。牛丼の並をつゆダクで、お新香とお味噌汁、そして生卵という組み合わせです。生卵に醤油を少々加えてかき混ぜて、牛丼の真ん中に穴を開けてそこへ生卵を流し込み、七味をまんべんなくふりかけて、丼の中身をかき混ぜて卵掛けご飯の牛丼風が完成。

お味噌汁で口の中を潤して、牛丼を豪快にかき込むのが私流。牛丼は味が濃いので、飽きがこないよう合間にお新香で味覚をリセットしておいしくいただきます。最後に、一切れのお新香を食べてごちそうさま。

コメントを残す