10.5: ACL は見つかりましたが…

Leopardになってディスクユーティリティでアクセス権の修復を行うと「ACL は見つかりましたが…」と注意を促すようになりました。環境によって対象となるファイルやディレクトリはいろいろみたい。多分このままでも大丈夫なんだろうけど、何となく気持ち悪い。そのうちアップデートされれば、この問題も解消するでしょうがそれまで待てない人は以下のコマンドをお試しあれ。

$ sudo chmod -a# 0 /path/to/file_or_dir

ディスクユーティリティで指摘されたパスを’0’の後に続ければいいのだ。

$ ls -d /Applications/
drwxrwxr-x+ 74 root  admin   2.5K Nov  6 17:42 Applications/

$ sudo chmod -a# 0 /Applications

$ ls -d /Applications/
drwxrwxr-x  74 root  admin   2.5K Nov  6 17:42 Applications/

これでACLに関してはディスクユーティリティで指摘されることは無くなった。後はSUIDのビットが立っていると警告している’ARDAgent’なんだけど、これはパーミッションを’-rwsr-xr-x’から’-rwxr-xr-x’へ変更すればいいみたいなんだけど確実な情報じゃないので保留中。

(追記:2007−11−07)

MacFixIt reader Elliot Roth provides the following permissions modifying commands (applied using the Terminal, located in /Applications/Utilities) that will, at leat temporarily, resolve this issue.

  1. cd /
  2. ls -le
  3. sudo chmod -a# 0 Applications
  4. sudo chmod -a# 0 Library

In the aforementioned commmands, permissions are being recursivey applied to the Applications and root Library folder. If you are experiencing issues with other folders, use the same prefix (sudo chmod -a# 0) and the appropriate paths.

For instance, the following reader had problems with ACLs in his home directory:

“I can’t rename half of the files/folders in my home directory without root privs. Let alone move/delete them. Oddly, the permissions should be correct. […] Using ls -le on my home directory, I noticed a lot of files and folders (non-OS default) had an ACL set for: “0: group:everyone deny delete” that wasn’t supposed to be there.”

Failing the above fix, you can run the following command:

  • sudo fsaclctl -d -p /

to disable Access Control Lists.

(追記: 2008-04-13T16:05:24+09:00)
コマンドラインからの実行に不安のある方は、ユーティリティ「ACL Fix」があります。こちらを利用するといいでしょう。ただ、*Use at your own risk!*ですよ!!

コメントを残す