Launch Services Database

Launch Services とは、書類をアプリケーションへ関連付け、システムレベルでアプリケーションを起動する機能です。Mac OS 時代には、Desktop Database が利用されていました。白紙アイコン(ジェネリックアイコン)を修正するのに、システム起動時にコマンドキーとオプションキー同時押しで起動させ Desktop Database の再構築を行ったりしました。Mac OS X では、Mac OS 時代のいくつかの API を統合して Launch Services Database が利用されるようになりました。

Mac OS X を使い続けていると、なにかのタイミングで白紙アイコンにならないまでもドキュメントアイコンの表示がおかしくなったりします。そんな時は、Launch Services Database の再構築を行えば正常に戻ったりします。しかし、この再構築の方法が Mac OS 時代のように簡単にできないのが難点です。コマンドラインから行えますが、私はメンテナンスソフト Cocktail を利用して行っています。

rebuild-LSD.png

コマンドラインから行うには以下のように。

$ cd /System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/\
Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/\
A/Support/
$ ./lsregister -kill -r -domain system -domain local -domain user

上記コマンドは、Leopard の場合で Tiger ではパスが変わってくるかもしれません。

$ find /System -name lsregister

とやって、lsregister の場所を確認しましょう。

コメントを残す