Mac OS X 10.5.6 Update

いつものように統合アップデータからアップデートを行いました。アップデート後にディスクユーティリティでアクセス権の修復をしましたが、見慣れない警告が出ることなく終了しました。今回のアップデートでは、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化するオペレーティングシステムの全般的な修正が行われたようで詳しくはリリースノートをご覧ください。

Finderが10.5.6から10.5.8へアップデートされたり、一部の MacBook シリーズでタイプパッド・システム環境設定パネルが追加されたり、TCP の信頼性が向上したり、Time Capsule での Time Machine の信頼性が向上したりと目に見えて安定しているなぁと実感できます。

コメントを残す