Appleメニューのこと

Macを長年使ってきて多くの時間共にしている訳ですが、まだまだ知らないことがあるんですよね。ふとしたきっかけで知ったんですが、Appleメニューにある「最近使った項目」コマンドでアプリケーション、書類、サーバと表示されますよね。特に書類なんですが、どこに保存したのかわからない時とかあるでしょ?そんな時に書類を起動するんじゃなくてFinderで表示したいですよね。コマンドキーを押すと「Finderで表示」コマンドに切り替わります。

あと、強制終了コマンドについてですが「アプリケーションの強制終了」ウインドウを表示させずに現在アクティブなアプリケーションのみを強制終了させるにはシフトキーを押しながらクリックします。

Appleメニューの強制終了

GitとRubyを最新に

OS X用のパッケージ管理システムHomebrewを導入したのには2つの目的がありました。GitとRubyの最新バージョンを使うこと。GitはGitHubを使う上で欠かせないものだし、RubyはSASSとCompassを使うようになったのもあって、安定版Rubyにバージョンアップしてみようと云う気持ちになったのでした。私が使う用途はRubyをバリバリ使うわけでもないので、このままでもいいかなあと考えていました。が、しかし、OS XにプレインストールされているのはRuby 1.8.7です。このバージョンは昨年(2012年6月)に開発終了され、サポートは今年(2013年6月)まで行われ予定通り終了しました。現在の安定バージョンはRuby 2.0.0-p247です。ま、ついでにやっちゃいましょう!って感じです。

環境

OS X Mountain Lion 10.8.4
Xcode 4.6.3
Homebrew 0.9.4

インストール

ターミナルから

$ brew doctor
$ brew update
$ brew install git rbenv ruby-build openssl readline

次に ~/.bash_profileeval "$(rbenv init -) または if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi を追記。

$ source ~/.bash_profile  #bash環境設定の更新
$ gem install rbenv-rehash  #rehashの自動化
$ rbenv install 2.0.0-p247
$ rbenv global 2.0.0-p247  #2.0.0-p247を使う設定
$ ruby -v  #バージョンの確認

このような手順で進み終了。
元の状態(OS Xプレインストールバージョン)に戻すには

$ rbenv global system

余談ですが状態を確認するには

$ rbenv versions  #管理しているバージョンを表示
  system
* 2.0.0-p247 (set by /Users/acc/.rbenv/version)

ここまでで問題がなければインストールは終了です。
では実際に動作確認してみましょう!

$ irb  #Interactive Rubyを起動
irb(main):001:0> 1+1  #計算をしてみる
=> 2  #結果が返る
irb(main):002:0> exit  #終了

インストール手順で問題があればコメントいただければ幸いです。

サーバ不調はほぼ解決

サーバ不調はプラグインがメモリを食い過ぎていたのが原因だとほぼ断定しました。なので以下のプラグインを使用停止にしました。

  • PubSubHubbub
  • Chunk Urls for WordPress

WordPress には余計なプラグインを入れないようにしないとね。もしくは強固なサーバに移転しなきゃだな。 追記:やっぱり安定しない。`/wp-admin/php.ini` に `memory=64MB` と書いて様子見。

P.S. – 2013-08-18T00:54+09:00
さくらインターネットのサポートに連絡を取り調べてもらったところ、メモリ不足による不調だそうです。安価なレンタルサーバーなので多少は致し方ないかとは思うけど、そんなにリソースを使っているとは思えないので……何となく納得できないのでした。

Mac OS X Snow Leopard:InputManager、SIMBLは動作しない ? MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ウィキペディアの「Mac OS X v10.6」に、廃止される機能として、Cocoaアプリのハックシステム「InputManager」は、セキュリティ上の配慮から搭載されなくなり、これを利用するプラグインやユーティリティは動作しなくなるとの記載がされてます。

このため「/Library/InputManagers」にインストールして動く仕組みのSafari用メニューユーティリティ系は動作しないか、一部動作しなくなる機能が出るようで、Logicool Control Centerや、Safariを拡張する、Norton Confidential for Safari1PasswordGlimspopIn on Safariなどは無視されてしまうようです。

画像(217x56)

SIMBL

また「/Library/Application Support/SIMBL/Plugins」にインストールして動く、SIMBL系のGreaseKitSafariSourceなどは動作しなくなるようです。

あと、システム環境パネルに追加し、SIMBLとInputManagerのプラグイン管理が行なえる「PlugSuit」も動作しなくなるようです。

デベロッパの対応を待つしかないのか。

Posted via web from appling’s posterous