大船山 御池を撮る

標高が高いところは秋も早めに到来する。紅葉の見頃も今週が最後になりそう。ってことで大船山で秋を感じるため登ってきました。秋空と紅葉のコントラストは素晴らしく全てを写真に残すことはできないくらい美しかったです。

登山客も多く狭い道で渋滞を起こすこともありました。登山客は男性が多いのかと思いきや女性の方が多く中には若い女性もちらほらといて意外な驚きがありました。

日出町の的山荘に行ってきました


的山荘が築100年を記念して期間限定ランチ(3,780円)を平成27年7月4日から20日まで行っているってことで電話で確認してみたところ期間中の週末はすべて売り切れたみたいです。平日は空きがあるようです。ならばと14時からお茶ができるってことで行ってきました。


広大な敷地に大正時代にできた木造平屋建て家屋と日本庭園を楽しむことができます。



屋内も時代を感じさせるものばかり。窓ガラスは大正時代のまま。板ガラスの中に気泡があったり、景色がゆがんで見えたりと現代では見ることが難しいものでした。壁には伊藤博文の書があったりと貴重なものが展示されていました。

日本庭園は営業時間内一般開放されているようなので立ち寄ってみてはいかがでしょう。

富貴野の滝

富貴野の滝は宇佐の三滝(東椎屋の滝、西椎屋の滝、富貴野の滝)のひとつに数えられる落差約60mの直下型の滝です。裏見の滝とも呼ばれ滝の裏側に回ってみることができます。

展望台ルートと滝壷ルートの2ルートがあります。展望台の方は整備されていて行きやすいのですが滝壷ルートの方は岩がゴツゴツとある足場が不安定なところを滑らないか確認しながら進んで行く感じです。まさに道なき道を進んでいくって感じです。滝壷周辺は水しぶきが常にかかっているから滑りやすく泥濘んでいます。靴は必ず汚れますのでマリンシューズのような汚れてもすぐに水洗いができるものがよろしいかと。

水しぶきがレンズにかかるので拭いてはシャッターを押しての繰り返し。この日は単焦点しか持っていなかったので近寄るしか方法がなかったのですが望遠で遠くから狙った方が良かったかも。

富貴野の滝

滝の裏側に回ってみると水しぶきと風で台風の中にいるような感じ。全身びしょぬれです。この状態でカメラを取り出すのは無謀なのでiPhoneを使って動画に収めてきました。