10.5: ACL は見つかりました

Leopardでは、セキュリティを強化するためにファイルやフォルダのメタデータを拡張して管理するようになりました。しかし、ディスクユーティリティでアクセス権修復をするとACL は見つかりましたが、“Applications”上にあるはずではありません。などと警告されてびっくりしたのではないでしょうか。アップルからは「心配はいらない」とアナウンスされていましたが、それを知らない人の方が遥かに多いので一時は混乱してました。

Mac OS X 10.5.2アップデータの単体インストーラ(Combo?Update)を適用することにより、それは解決したようです。今回のシステム再構築で確認できたのでご報告まで。