FlickrExport for Aperture 4.1 released!

flickrexport-aperture

長年愛用しているApertureプラグイン「FlickrExport for Aperture」がアップデートされました。このプラグインは写真管理ソフトApertureから写真共有サービスFlickrへアップロードする手助けをしてくれます。しかもとても便利なのです。

ただ、権利がConnected Flow LtdからFat Cat Softwareへ移管されたようで今後の動向が気になるところである。

Flickr4Twitter

iPhone用TwitterクライアントとしてTweetieを愛用しています。使いやすさでは抜群なのですが、画像アップロードサービスにflickrが選択技にないことやプッシュ通知が装備されていないのでユーティリティアプリやサービスを使って補っています。

プッシュ通知は「Boxcar」を利用して、画像をflickrへアップロードするのに「Flickr4Twitter」を利用してます。以前は「GDZLLA」を利用してましたが、短縮URLを独自URLに変換してTweetするので使用するのをやめました。

Flickr4Twitter

Flickr4TwitterページでOAuth認証を済ませ、発行されるURLをTweetieのカスタムフィールドへ入力します。設定はここまで。

###Tweetie2への登録方法

Flickr4TwitterでFlickrとTwitterへのOAuth認証を済ませるとプロフィールページ上部にエンドポイントURLが表示されます。

flickr4twitter.png

これをコピーして、Tweetie2のサービス設定 => イメージサービス => カスタムフィールドへペーストします。

IMG_0778.PNG

これでTweetie2での設定は終わりです。Tweetが画像タイトルとなってFlickrへアップロードされます。Twitterのタイムラインには、画像タイトルとflickrが発行する短縮URLがTweetされます。

ちなみに再度エンドポイントURLを確認するにはFlickr4Twitterサイドメニューにある「Edit Profile」リンクから行えます。

Birdfeed 1.2

birdfeed-logo.png

iPhoneでTwitterクライアントとして愛用しているBirdfeedがアップデートしました。

– Geolocation
– In-App, Per-Account Settings
– Flickr
– “Mark as Read” Improvements
– Other Assorted Improvements

###Geolocation

Twitterのタイムラインにロケーション情報を追加できるAPIに対応しました。

Twitter Settings => Account => Location => Enable geotagging

twitter-geotagging.png

twitter.com から上記のように設定を行って、Birdfeedでロケーション情報を付けて投稿します。

post-geotagging.PNG

###In-App, Per-Account Settings

アカウント別に個別設定できるようになっています。この設定画面を表示する場所がわかりにくいのでちょっと迷いました。

birdfeed-account.png

###flickr

画像の保存先にflickrを指定できるようになりました。ただ、私の環境に限られるのかもしれませんが、タイトルなど文字情報を付けるとエラーが出てアップロードできないようです。

birdfeed-error.PNG

FlickrがTwitterへの自動送信機能をメールによる写真アップロードで試行

Flickrがついに、ユーザに自分の写真のリンクをTwitter上で共有させることの持つ威力に、目覚めたようだ。Flickrの会員は今日(米国時間6/12)からFlickr Twitter Betaに登録できる。これにより、Oauthを使ってFlickrとTwitterのアカウントをリンクし、メールで新しい写真をアップロードするたびにTwitterにリンクのメッセージが行く。

(Via FlickrがTwitterへの自動送信機能をメールによる写真アップロードで試行)

この手のサービスはいくつかあるので迷ってしまう。ただ、flickrがやることに意味があるのかな。アップロードした写真をどれもこれもTwitterへ投げるのではなく、ユーザが選択できるようにしているところはよく考えている。また、flickr独自の短縮URL(http://flic.kr)を使うところもTwitterのことを考慮している。

正式リリースでは、メールによるアップロードだけじゃなく、もっと間口を広げてほしいところです。

追記 (2009-06-14T09:12:10+09:00): Blog This からもTweetできるようです。

The Okano Mail: Tweeting a photo from Flickr