font-smoothingで見た目を変えてみる

スタイルシートでアプリケーションのフォントの見た目を変えるのが流行りかな。今回は、`-webkit-font-smoothing` プロパティを使ってフォントスムージング具合を変更してみましょう。

-webkit-font-smoothing: none;
-webkit-font-smoothing: subpixel-antialiased; \* Standard *\
-webkit-font-smoothing: antialiased;

フォント比較の参考サイト: Test page for -webkit-font-smoothing | Christoph Zillgens

font-smooshing.png

Safari でスタイルシートを指定してウェブページの見た目を変えてみましょう。`~/Documents/user.css` を作って以下のように記述します。

html {-webkit-font-smoothing: antialiased;}

Safari 環境設定から「詳細」パネルを表示して「スタイルシート:」で先ほど作成したスタイルシートを選択します。ウェブページを表示して、プルダウンメニューで切り替えながら違いが確認できます。

Safari だけじゃなく App Store や iTunes でも使いたい場合は、

defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey -bool true
defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKey “~/Documents/user.css”

defaults write com.apple.appstore WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey -bool true
defaults write com.apple.appstore WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKey “~/Documents/user.css”

のように `defaults` コマンドを利用します。また、気に入らなければ

defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey -bool false
defaults write com.apple.appstore WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey -bool false

とすれば無効になります。

Snow Leopardのフォントスムージング

Snow Leopardでは、他社製モニターを使用するとフォントスムージングされない現象があるようです。しかも、Leopardからアピアランスシステム環境設定の仕様変更によりフォントスムージングを選択するポップアップメニューが省略されたためコマンドラインから直接設定情報を書き込むしかないようです。

`defaults -currentHost write -globalDomain AppleFontSmoothing -int 2`

設定値は1から4まであるようで2が最適な値のようです。しかし、Mac OS X 10.6.1で修正されるようなのでお急ぎでない方は静観しておくといいでしょう。

JAM LOG : Mac mini関連メモ:Snow Leopardのフォント設定
jjgod / blog – Snow Leopard vs. 3rd Party LCD Displays
macosxhints.com – 10.6: Re-enable LCD font smoothing for some monitors