Tower 2.0 リリース

tower2-image

サイト作成をする時に分散型バージョン管理システム「Git」を利用しています。バージョン管理とは、ある時点のファイルの状態を記憶しておき、いつでもその時点までさかのぼることが出来るシステムです。サイト作成は暗闇の中を懐中電灯1本で出口を探すようなもので、あっちへ行っては戻り、そっちへ行っては戻りの繰り返し。そんな時に役立つのがバージョン管理システムです。

昔は、ファイルを複製して作業を進めていましたが、進むにつれて同じようなファイルが多数存在するようになってどれがどれだか状態になっていました。バージョン管理システムは変更があった部分だけを記録しているのでファイルが煩雑になることが無くすっきりと管理が出来ます。

そんなバージョン管理システム「Git」なんですが、基本はターミナルからコマンドラインで操作するんですが、コマンドを覚えるのは大変だし何と云っても全体を見渡せないのが難点。そこで登場するのがGitクライアントの「Tower – The most powerful Git client for Mac」です。グラフィカル・インターフェイスでファイルを管理できるのでFinderのようにファイルを扱えて面倒なコマンドラインから開放されるだけでもありがたい。

しかし、Gitを使いこなすにはカタカナ英語の専門用語を覚えなければならない。ま、新しいアプリケーションやシステムを扱う時はいつも同じなのでそのうち慣れるでしょう。Gitの概念を理解するには「サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ」が分かりやすいかな。これから試す人は一読してから取り掛かるといいですよ。

Tower 2.0 capture

今回メジャー・アップデートされたTower 2.0は、50以上の新機能およびパフォーマンスの向上が行われているようです。30日間の無料お試し期間があるので興味のある方はバージョン管理システムを体験してみてください。最初は取っつきにくいですが基本コマンドを覚えればある程度は使いこなせます。

FDKでAdobeフォントを生成

Githubで配布されているAdobeフォントはmakeotfコマンドを使ってフォントを生成します。なのでコマンドを実行できる環境を整えなければなりません。

  1. Adobe – Adobe Font Development Kit for OpenType | Adobe Developer ConnectionからFDKアーカイブをダウンロードして伸長します。
  2. FDKフォルダを ~/bin/FDK に移動します。 ~/bin フォルダがなければ作成します。
  3. FDKフォルダを開き FinishInstallOSX ファイルをターミナルアプリ(/Applications/Utilities/Terminal.app)のウインドウにドロップしリターンキーを押し実行します。

これで実行環境は整いましたのでAdobeフォントをダウンロードします。

それぞれのフォルダを開くと build.sh ファイルがあると思います。このファイルをターミナルアプリのウインドウにドロップしてリターンキを押し実行します。すると target フォルダにOTFとTTFフォントが作成されます。このどちらかを ~/Library/Fonts に移動して終了です。

Git-Towerは優れもの

icn_Tower_128.png

バージョン管理システムの Git を分かりやすく操作できる Git クライアント Tower を試用しています。ベータながらも安定していて、ほぼ正式版と遜色ない使い心地です。もう、手放せないアプリになりました。

そんな使いやすい Tower をもっと知ってもらいたいと解説ブログを立ち上げました。まだ、エントリー数が少なく初歩の初歩あたりを解説してます。これから徐々にエントリーは増やしていきますが、なにぶんと Git 初心者なので筆の進みが遅いです。暖かい目で見守ってください。 🙂

Git-Tower使いになろう!:

はじめに
リポジトリの作成
Finderで不可視ファイルを操作
SSH秘密鍵の作成
GitHubアカウントへ接続
GitHubにリモート接続

ご意見やご感想、または間違いの指摘などコメントしてくださるとうれしいです。ただ、「いいね!」だけでもお待ちしております。

MacPortsの再構築

なんとなくMacPorts環境とGitHub環境を再構築しました。不具合が生じたとか、ファイル構造がおかしくなったとかじゃないんですけど、いろんなコマンドをいじり倒したのでここでクリーンな環境に戻して使い続けようかなと。現段階だと再構築しても被害が少ないので。再構築手順も押さえておきたいという気持ちから行いました。

まずは MacPortsのアンインストール から

sudo rm -rf \
    /opt/local \
    /etc/manpaths.d/macports \
    /etc/paths.d/macports \
    /Applications/DarwinPorts \
    /Applications/MacPorts \
    /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
    /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
    /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
    /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
    /Library/Tcl/darwinports1.0 \
    /Library/Tcl/macports1.0

インストール はディスクイメージから行いました。インストールが完了したら .bash_profile へパスを書き入れておきましょう。コマンドパスとmanページの表示を行う上で重要です。

# MacPorts Path --------------------------
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/share/man:/opt/local/man:$MANPATH

お好みのものをインストール。私は、bash, vim, git-core, lv, nkf をとりあえず入れておきました。

Textile記法

最近使い始めたGitHubホスティングサービスで採用されている「Textile記法」を少しずつ覚えています。これまで慣れ親しんできたMarkdown記法から頭を切り替えることにちょっと苦労してます。Textileでは、id属性やclass属性を付けられるところが新鮮でMarkdownにも取り入れて欲しいなぁと思いました。