iPod shuffle (3rd Generation)到着です

思っていたよりも小さいです。重さも百円ライターと同程度。気軽に持ち歩けるようになったものの、イヤホンを常に付けたままにしておかないと落としても気づかないかもしれない。

開封して、すぐにMacに接続。iTunesに認識されると、インストーラが起動して「VoiceOver Kit 1.0」のソフトウェア・アップデートを促されます。それが終わると、ユーザー登録画面になって一連の登録を済ませます。

プレイリストはオートフィルで勝手に作ってくれるものと思っていたけど、ミュージックライブラリを上から順番に読み込んで容量いっぱいになったところで終了していた。うん? iPod shuffle 3rdにはオートフィルがないことに初めて気が付いたのでした。まぁ、別にいいんだけど。そこで、好みの曲を集めたプレイリストを作成して同期させました。

同期をさせていると、「概要」パネルにアップデートがあるよってお知らせがあったので同期を済ませてアップデータを当てておきました。

さて、気になる音質ですが付属のイヤホンでは音をしっかり聞き取れないのでBOSE QuietComfort3を引っ張りだしてiPod touch 1stと聴き比べたところ、ややiPod shuffle 3rdの方が劣るようですね。でも、聞き慣れてしまえば分からないくらいです。

音量調整は、付属のイヤホンで適当な大きさにしてから、イヤホンをつなぎ変えれば大丈夫でした。

新機能の「VoiceOver」は、邦楽だと女性の声で、洋楽だと男性の声で知らせてくれます。早口なので曲目をしっかり分かっているものは聞き取れるけど、その他はよく聞き取れなかった。ってか、洋楽はネイティブでしゃべるのでなおさら聞き取りづらい。 🙂

総合的には、大満足のお買い物でした。

iPod shuffle注文しました

ipodshuffle_image1_20090311.jpg

iPod shuffle (3rd Generation)が発表されて少々悩んだ結果、あれやこれやと自分なりの理由をつけて発注することにしました。とにかく小さく軽いことが決め手になりました。100円ライターより小さいのには驚くばかり。iPod touchは情報端末として、iPod shuffleは音楽デバイスとして持ち歩くようにします。これで気軽に連れ出せるようになりました。あとは、小さいから無くさないようにしないと、です。