KeyRemap4MacBook – キーボードカスタマイズツール

icn_KeyRemap4MacBook_512

KeyRemap4MacBook はキーボード・ショートカットやキーアサインを使いやすいように変更できるツールです。私はかなり前から存在は知っていたのですが、システムファイルを変更するツールはあまり使わないようにしてきました。それは即不安定になるという思い込みでした。しかし、レビューを見ていると「不安定」と云う言葉を聞かないのと、「高機能で安定性も極めて高いOS X用のキーボードカスタマイズツール」と謳われているのを信じて導入することにしました。

結果、もっと早く導入しておけば良かったと思えるツールでした。設定項目は必要最低限に抑え使い始めることにしました。

入力メニューの変更

日本語入力プログラムは OS X Mavericks から「ことえり」の仕様が変更になったこともあって、「かわせみ」を使っています。「かわせみ」はキーボードレイアウトを持たないため入力ソースを「かわせみ」のみにすると U.S. ソースが勝手に加わってよろしくない。なので、「ことえり」と同居させて使っています。私は U.S. キーボードを使用して入力を行っているのですが、入力モードの切り替えが頻繁に発生する場合にショートカットが追いついてこれない状況が多々ありました。そこで KeyRemap を利用してスペースキー右隣のコマンドキーを「かな」キーの役割を、左隣のコマンドキーを「英数」キーの役割を持たせることにしました。コマンドキーと組み合わせて使うショートカットの場合は「かな」キーおよび「英数」キーが無効になるよう設定しています。2度押し機能も使えてとても便利です。

for Japanese

emacs mode

「ことえり」を長年使ってきたこともあって emacs ショートカットに慣れてしまってます。なので、すべてのアプリケーションで同様の操作が出来るとありがたい。特にありがたかったのが Control + PNBF で Up/Down/Left/Right が出来ること。キャレットの移動は大方のアプリケーションで対応してましたが、入力補完候補を選択するのに Control + N,P が利用できないのがあって、やってしまって「あ、そだそだ。矢印キーだった」となってストレスでした。これが解決しただけでも KeyRemap を使って良かったと思えるのでした。

emacs mode

HHKB Professional 2 Type-S レビュー

GR000037
温泉りんごの定例会で HHKB Professional 2 Type-S (無刻印)をゲットしました!このキーボードは発売当初から欲しくてたまらなかった商品でした。使用する機会を与えてくださった PFU さん、ほしいち代表、ありがとうございます。では、私のキーボード遍歴を紹介しながら HHKB Professional 2 Type-S の使用感を書いてみたいと思います。

私がキーボードにこだわりを持ち出したのは Mac との出会いがきっかけでした。当時(1993年)の Mac (Macintosh Quadra 650) は本体とキーボードそしてディスプレイが別売りでした。どうせ使うなら私に合ったもの、使いやすいものを購入しよう、となったのです。

初めて手にしたのは Apple 純正の「Apple Keyboard II」で、初めての Mac ということもあって純正がいいだろうと何も考えずに購入したのでした。しかし、ふかふかした打鍵感が好きになれず、すぐにキーボード探しを始めました。次に手にしたのがテックパーツが Macway というブランドで出していたキーボードでした。しっかりした打鍵感、「A」の横にコントロールキーがあり、デリートキーが押しやすい。カチャカチャとうるさいのが玉に瑕でしたけど、スケルトンモデルとかも登場して目でも楽しめました。

Macway 最高!と使い続けていたのですが、ある時「Happy Hacking Keyboard」の存在を知ることになったのです。まず驚いたのが価格。当時平均的なキーボードが3台買えちゃうくらいの値付けだったのです。これは何かある!こだわり抜いたキーボード。コンパクトなキーボード。至高の打鍵感。情報を集めれば集めるほど購入意欲が湧いてくるのでした。そして、Mac(ADB インターフェイス)対応を機に購入したのでした。

1997年発売(1998年購入) Happy Hacking Keyboard (PD-KB02 /M) Apple ADB インターフェース

2003年発売(発売と同時に購入) Happy Hacking Keyboard Professional (PD-KB300) USB インターフェイス

2006年発売(2010年購入) Happy Hacking Keyboard Professional 2 (PD-KB400B) USB ハブが付く

2011年発売(2013年手に入れる) Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S (PD-KB400WS)

思い起こせば15年もの間 Happy Hacking Keyboard にお世話になってる。このレビューを書くにあたりいろいろと思い出すことがあった。

Macway から Happy Hacking Keyboard になった時、キーにあるポッチ(正式名称を知りません)が Macway と Happy Hacking Keyboard では違うことでホームポジションが取り辛かったこと。Macway は「D」「K」、Happy Hacking Keyboard は「F」「J」だったので、しばらく中指でポッチを探してましたね。

Mac が ADB インターフェイスを廃止して USB インターフェイスに移行した時は、どうしても Happy Hacking Keyboard(ADB インターフェイス)を使い続けたいので Griffin iMate ADB-USB アダプター(変換アダプタ)を買ってきて延命させていたこと。

などなど、Happy Hacking Keyboard との思い出がいっぱいです。

さて、キーボードの想い出話はここまで。ここから HHKB Professional 2 Type-S について書いて行きます。私は Mac を使用しているので Mac 寄りな内容となりますがご容赦ください。使用機種は MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイ です。

準備

箱を開けるとキーボードと USB ケーブルが入っています。Mac で使用するには USB ケーブルが接続されていない状態で DIP スイッチの設定が必要です。工場出荷時の設定はすべてのスイッチが OFF となっています。Mac モードにする2番といずれかのキーを押すとスリープから復帰する6番のスイッチを ON にします。クリップの先端などを利用してスイッチを上に押し上げます。6番はお好みで。次に USB ケーブルをキーボードと Mac 本体の USB ポートへ接続します。

  • システムを再起動
  • システム環境設定 => キーボード => 修飾キー => キーボードを選択から HHKB Professional が認識されていることを確認
  • Mac 用ドライバをインストール

この手順は Mountain Lion を対象としたものです。その他のバージョンの方はインストーラ付属の説明書をお読みください。

このドライバを入れることによって、音量調整やシステム終了などマルチメディアキー操作が出来るようになります。刻印には書かれていませんが、輝度調整は「Fn + O, P」になります。

使用感

HHKB Professional シリーズに共通する魅力を簡単に説明すると、コンパクトさと打鍵感だと思います。コンパクトであると取り回しが楽であること、占有面積が小さくすむので書類などを置くスペースが生まれること、などなどがあります。打鍵感では、程よいストロークと高速タイピングにも耐えうるキー特性と安定感があります。タイプを長時間行う方に試してもらいたいです。1タイプから得られる恩恵は少ないかもしれません。しかし、タイプが積み重なって行くことで 得られる恩恵は大きなものになっていることでしょう。

今回は無刻印タイプを使わせさせてもらいました。刻印がほとんど見えない「墨」からの移行だったので、問題なく移行できるだろうと考えてました。しかし、実際に使ってみると一部の記号とファンクションキーのキー位置を完全に把握してないことに気づきました。指がホームポジションにあればキーを押せるけど、キーボードを見ながらキーを押すことが難しい。目印がないことがこんなに影響するのかと初めて感じたのでした。でも、1ヶ月使ってきてほぼキー位置を覚えました。

長年使い続けているのは Happy Hacking Keyboard が私の体に馴染んだインターフェイスだからでしょう。それはこれからも変わることのないものかもしれない。

10.5: キーボードで強制再起動

sc1-080129.png

原因不明でシステムが不安定になることがたまにあります。カーネルパニックになってしまったら諦めるしか無いけど、Finderが生きているならまだ望みがあります。ターミナルを起動できるならコマンドラインで `sudo reboot` とすれば強制再起動できる可能性があります。また、純正のキーボードを使っていると強制再起動のショートカットを使えるので望みがあります。しかし、純正以外の外部キーボードを使っている私のような環境だと強制再起動のショートカットを使えないので、他の方法を使います。

HHKBキーボードでは電源ボタンに相当するキーコンビネーションが用意されていて「システム終了」ダイアログを表示させることができます。ここで「再起動」「スリープ」「キャンセル」「システム終了」の4つのボタンを選択できます。しかし、このような状況ではマウスが機能していることは少なくキーボードから操作を行わなければいけなく「再起動」としたくても方法がわからず諦めて「システム終了」してました。が、やっと再起動する方法を見つけました。

– 再起動(R)
– スリープ(S)
– キャンセル(Esc)
– システム終了(Return)

そう、ダイアログが表示された状態でRキーを押せばいいのです。これで長年ノドにつかえていたものが取れたような気分です。