KeyRemap4MacBook – キーボードカスタマイズツール

icn_KeyRemap4MacBook_512

KeyRemap4MacBook はキーボード・ショートカットやキーアサインを使いやすいように変更できるツールです。私はかなり前から存在は知っていたのですが、システムファイルを変更するツールはあまり使わないようにしてきました。それは即不安定になるという思い込みでした。しかし、レビューを見ていると「不安定」と云う言葉を聞かないのと、「高機能で安定性も極めて高いOS X用のキーボードカスタマイズツール」と謳われているのを信じて導入することにしました。

結果、もっと早く導入しておけば良かったと思えるツールでした。設定項目は必要最低限に抑え使い始めることにしました。

入力メニューの変更

日本語入力プログラムは OS X Mavericks から「ことえり」の仕様が変更になったこともあって、「かわせみ」を使っています。「かわせみ」はキーボードレイアウトを持たないため入力ソースを「かわせみ」のみにすると U.S. ソースが勝手に加わってよろしくない。なので、「ことえり」と同居させて使っています。私は U.S. キーボードを使用して入力を行っているのですが、入力モードの切り替えが頻繁に発生する場合にショートカットが追いついてこれない状況が多々ありました。そこで KeyRemap を利用してスペースキー右隣のコマンドキーを「かな」キーの役割を、左隣のコマンドキーを「英数」キーの役割を持たせることにしました。コマンドキーと組み合わせて使うショートカットの場合は「かな」キーおよび「英数」キーが無効になるよう設定しています。2度押し機能も使えてとても便利です。

for Japanese

emacs mode

「ことえり」を長年使ってきたこともあって emacs ショートカットに慣れてしまってます。なので、すべてのアプリケーションで同様の操作が出来るとありがたい。特にありがたかったのが Control + PNBF で Up/Down/Left/Right が出来ること。キャレットの移動は大方のアプリケーションで対応してましたが、入力補完候補を選択するのに Control + N,P が利用できないのがあって、やってしまって「あ、そだそだ。矢印キーだった」となってストレスでした。これが解決しただけでも KeyRemap を使って良かったと思えるのでした。

emacs mode

ことえり単語登録

ことえり環境を再構築したので、単語登録をせっせとやっております。以前にも似たようなことがあったよな、と調べてみると「10.5: ことえり辞書を再構築」に今回と全く同じようなことを書いてます。その時は、環境設定まで作り替えなかったので今回よりも軽傷だったのでしょう。どうもMobileMeの「自動同期」が怪しい気がする。安定動作させるには「手動」の方がいいのかもしれません。

さて、単語登録は人によってやり方は千差万別。これだ!!って方法がないので手探りで自分なりの方法を見つけるしかないわけで、今もって迷走中なのであります。辞書を作り直すたびに、新しいルールを考えて、作成して、試す。この繰り返し。でも、結構楽しめたりします。

では、ことえり単語登録(WordRegister.app)を起動させます。起動させるには、ショートカット(shift-control-N)を利用するのが便利です。テキスト入力エリア内にある単語を選択した状態でことえり単語登録を起動させると「単語:」に選択文字列が自動入力されるので、後は「よみ:」を入力するだけと便利な機能なので覚えておきましょう。

私のやり方は、まずテキストを入力してみる。で、思い通りの単語が候補リストに見つからなかったときに初めて単語登録をします。基本辞書にあるものを重複登録するのは無駄だという考えからです。

まずは、基本的なところから。
「@めいる」=>「appling.jpあっとまーくgmail.com」
「@じゅうしょ」=>「京都府京都市上京区智恵光院通り芦山寺上る西入る西社町」

左側が「よみ:」、右側が「単語:」となっております。いくつかある個人情報をすぐに呼び出すのに便利。

略称から呼び出す。
[email protected]」=>「MacBook Pro」
[email protected]」=>「Parallels Desktop for Mac」

「よみ:」が子音で終わる場合は、最後に「@(アットマーク)」など記号や数字を付けて登録しておくと続けてテキストを入力できるメリットがあります。

短い英単語および略称。
[email protected]」=>「CD」
「い[email protected]」=>「IP」
「う[email protected]」=>「USB」

文章中によく登場するような英単語や略称も登録しておくと便利。上の例でいくと
[email protected]でぃすく」=>「CDディスク」
「い[email protected]あどれす」=>「IPアドレス」
「う[email protected]あだぷた」=>「USBアダプタ」

通常入力だと、「文字種を変更=>キャプスロックを押して=>文字入力=>キャプスロックを外して=>文字種を変更」と手間がかかって、文字入力のリズムが狂うので単語登録しておくと文章内容に集中できます。

その場の雰囲気で使い分ける。
「いられ」=>「イラレ」
「いられ@」=>「Illustrator」
「いられ@@」=>「Adobe Illustrator」

チャットや電子掲示板またはSNSなど、その場の雰囲気というのがあるので単語を使い分けたい時などに便利。

単語登録で大事なのは、「よみ」を忘れないこと。単語登録時は覚えていても、時間が経つにつれ忘れてしまうことが経験上往々にしてあるので、呼び出したい文字列から想像できるような自分なりのルールを決めておくことが肝要です。

ことえり環境を再構築

ことえりの環境設定を何気なくのぞいたら、見慣れない「InputPrediction.dict」辞書が登録されてました。何かなぁと調べてみると自動学習に使われる辞書みたいです。これまで日本語変換に問題はなかったけど、気持ちが悪いので環境ごと作り替えることにしました。以下のファイルやフォルダをゴミ箱へ移動させて再起動。

– ~/Library/Dictionaries/ユーサ?辞書
– ~/Library/Preferences/com.apple.JapaneseAnalysis
– ~/Library/Preferences/com.apple.KotoeriPreferences.plist
– ~/Library/Preferences/com.apple.inputmethod.Kotoeri.plist
– ~/Library/Preferences/com.apple.KotoeriWordRegister.plist

MobileMeの自動同期を行っている人は、ことえり辞書が自動で作成されるのでそのまま使ってもいいし、辞書を作り直すのであれば同期設定を手動にしておきましょう。私は、この際なので辞書を作り直すことにしました。日頃使う単語は100語くらいを登録しておけば、ほぼ問題ないので思い出したところで登録作業をするようにしました。

単語登録は、登録した時点にテキストエディタなどで変換作業を行っておけば自動学習してくれて後々が楽になります。単語の見直しにもなるので一石二鳥ですね。

kotoeri_word.png

それから、いつの間にか使えなくなっていた英単語自動補完が復活しました。あまり使ってなかったので直っていることに気づかなかっただけかも。

(追記: 2009-03-02T01:56:32+09:00)
補完機能は使えるアプリと使えないアプリがあるようですね。勘違いしてました。

ことえりをカスタマイズ

ことえりを使い慣れてくると不満に思えてくるのが入力したい文字が普通に入力できないこと。デフォルトのまま使っていては変換する手間やモード切り替えとかがあって不自由なのです。そこで、ことえりの設定ファイルを置き換えて思い通りの入力環境を手に入れることにしました。

kotoeriでふつうの文字を打ちたい! / Leopard
がんちゃんのブログ: Leopardでもことえりで普通の文字をうちたい!

これで記号類やスペースがシングルバイト文字で入力できるようになりました。特にうれしいのがシングルバイト・スペースをひらがなモードのときに `option + space bar` で入力できるようになったこと。これまで、ひらがなモードから英字モードへ切り替えて、またひらがなモードに戻っていたのを考えるとすこぶる快適な環境になった訳です。

10.5: ことえり辞書を再構築

Leopardになってからことえりを使い始めた訳ですが、単語登録ができなくなったので辞書を作り替えました。原因はだいたい分かっていて、.Macの同期がされている時に単語登録をしようとするとアプリケーションの反応が無くなったようになって強制終了したことが幾度かあったので、その時に辞書が壊れたんでしょう。(たぶん…。)

辞書の再構築手順は、念のためにメンテナンスソフトでキャッシュを削除してからユーザ辞書をデスクトップなどの別のディレクトリへ移動して再起動します。単語登録アプリケーションを起動して新たにユーザ辞書を作成してバックアップ辞書から読み込みます。

これまで、.Macの同期を「自動」にしてましたが「手動」に切り替えて時間ができた時にやるようにします。もう少し、.Macの同期速度が速くならないかなぁ…。