LaunchBar 5 RC2リリース

**LaunchBar 5 Release Candidate 2**

– Clipboard History ignore list to protect sensitive data copied from applications such as Keychain Access. The list can be configured in Preferences > Clipboard.
– Enhanced “display in large type” AppleScript command: Added optional arguments “after delay” and “with sound”.
– Improved ClipMerge compatibility with third party applications.
– Improved Search in Spotlight: Search strings in double quotes are now left unchanged to allow phrase searches.
– Improved handling of URLs with fragment identifier.
– Improved “Make TinyURL” action.
– Added “Copy as TinyURL” action.
– The “perform action” AppleScript command now expects the action name parameter to be non-localized.
– Fixed: Calculator input didn’t accept plus sign in exponent.
– Fixed: Changing LaunchBar’s selection from within custom actions failed under some circumstances.
– Revised documentation.

更なるマイナーバグフィックスが行われています。欲を言えば、TweetアクションとOpenMetaアクションは標準で装備してもらいたいところ。

Application Wizard 2.3.4リリース

icn_Application_Wizard.prefPane_128.png

Application Wizardは、アプリケーションの起動/終了、画像や音楽そして動画などを表示できるシステム環境ユーティリティです。私が使いだしたのは古く、Mac OS 9の時代までさかのぼります。その頃の名称は「Quit CSM」でした。Mac OS Xの時代になって現在の名称に改名されたと記憶しております。主にアプリケーションの終了を行う機能拡張でした。Mac OS 9の時代はアプリケーションをすべて終了してから再起動を行わないとシステムが不安定になることがあったのでこれを使ってました。その習慣が身に付いて現在でも再起動やログアウトの前に全終了する癖が抜けません。

画像などの表示以外にも、システムメモリ情報の表示やFinderやDockの再起動などが行えます。今では、アプリケーションの終了にしか使わなくなってますが、私にとってなくてはならないユーティリティです。