35mmの旅(由布川渓谷)

午前中はすっきりとした天気だったのに、午後からは雲が出てきて日差しが弱くなった。そんな日に、由布川渓谷へと出かけたのでした。ここ二三日暖かい日が続いていて、長袖Tシャツ1枚でも大丈夫なくらい暖かい。でも、由布川渓谷は夏でもひんやりとする場所なので、念のために厚着のジャケットも用意して出発。

DSC_0043

現地へ着いてみると、長袖Tシャツ1枚で大丈夫な天気。まずは、小平茶屋のある吊り橋をのぞいてみる。「マジですか?!」って独り言を言ってしまうくらい細い道を下って到着。これじゃ、分かりにくくて観光客も少ないだろうなぁ。

DSC_0078

次は、猿渡の降り口。ここは以前にも来たことがあるので、勝手知ったるなんとやらで、目的の場所へ直行。降りてみると、高校生くらいの若者がたむろしている。何をやっているのかとのぞいてみると、魚を釣って串焼きにしているらしい。しばらくすると「生っぽい」と聞こえて、おいおい川魚はよく焼かないと危ないぞぉと老婆心ながら心配になった。

DSC_0206

ここは、対岸に渡るのに川中を歩かなければならない。長靴を用意するか、濡れてもいいような格好で渡ることになる。水が痛いほどに冷たく、足場が悪い。しかも、カメラ一式を持っての歩行はとても気を使うことになる。

いつ来ても、自然の造形って圧倒されるしすごいなぁと思う。このすごさをカメラに収めて伝えようとするけど、1/10も伝えられないもどかしさが歯がゆい。

35mmの旅

ニコンAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gの初撮りテスト。別府的ケ浜公園を散策する機会ができたのでブラブラと歩いて撮ってきました。

DSC_0039

陽がかなり傾いた夕方の時間帯。

DSC_0082

海風があってちょっぴり寒かった。

DSC_0148

観光客の多さにちょっと驚いた。

DSC_0177

もう少し暖かくなってから、また撮りにこよう。

50mmの旅

昨日は、雲ひとつない快晴で気持ちよかったので友達と撮影に出かけました。これまで使う機会の少なかった50mm単焦点レンズを装着しての旅となりました。コースは、大分->湯布院->湯平温泉となります。途中別府サービスエリアがリニューアルされたとのことで立ち寄ってます。

R0010058

サービスエリアは、高台にあるため別府湾と別府市街地を一望できて見晴らしがいいです。おしゃれな建物で食事が出来るお店がいくつかありました。

DSC_0159

土曜日だというのに結構なにぎわいで、駅周辺の駐車場は既にいっぱい。少し離れたとこへ車を停めて歩き始めると人もいっぱい。

そんな中、所々で梅の花が咲いていたのでパチリ。

DSC_0226

湯布院での撮影を終えて湯平温泉へ移動する途中に「カフェレスト燻家」のハンバーガーで小腹を満たしました。とても美味しく、ボリュームもあって良かったです。カフェレストは開業して3年ですが、となりにある工房は16年の歴史を持つとのこと。ベーコンを試食させてもらったんですが、塩分控えめであっさりと食べれるので買って帰りました。

DSC_0246

陽が消えかかっている頃に湯平温泉へ到着。温泉宿が連なる中央を通る石畳の坂が特徴的な温泉街。ここへ立ち寄ると昭和初期にタイムスリップしたのではないかと錯覚するほどのたたずまい。30年以上前に立ち寄った駄菓子屋さんが現在も健在であるのを確認するとなぜかホッとしたのでした。

町営の共同浴場「銀の湯」で、その日の疲れを癒して湯平温泉をあとにしたのでした。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

afs35_01.jpg.jpeg

ニコンが、ニコンDXフォーマット専用標準単焦点レンズ「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を2009年3月6日より発売するとのこと。

たぶん買うだろうなぁ…。いや絶対買うだろう。

単焦点1本追加です

Gタイプの24mm単焦点レンズが出るまで我慢できなくて Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D を買っちゃいました。まさにレンズ沼へ突入です。これで単焦点は、24mm、35mm、50mm、の3本となりました。ついでにそれぞれのレンズ用にプロテクトフィルターとフードを注文。先日、マックの集まりでニコンカメラの手ほどきをしてもらったのですが、その中でレンズ保護のためにプロテクトフィルターをレンズに付けといた方がいいらしいとアドバイスを受けました。新品レンズをおろして1時間もしないうちにレンズに指紋をつけてしまうようなおおざっぱに扱う私のような人には特に必要なのかも。