Homebrew のエラー

いつものように Homebrew をアップデートしようとすると以下のようなエラーが吐き出されました。

Warning: The /usr/local directory is not writable.
Even if this directory was writable when you installed Homebrew, other
software may change permissions on this directory. Some versions of the
"InstantOn" component of Airfoil are known to do this.

You should probably change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.

Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours, this is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.

なので調べてみると

$ ls -lad /usr/local
drwxr-xr-x  17 root  wheel  578  2  3 06:02 /usr/local

とのこと。では、所有者をユーザーに替えてみる

$ sudo chown -R `whoami` /usr/local
$ ls -lad /usr/local
drwxr-xr-x  18 userName  wheel  612  3  1 02:55 /usr/local

すると、今度は違うエラーが吐き出される

Warning: You have uncommitted modifications to Homebrew
If this a surprise to you, then you should stash these modifications.
Stashing returns Homebrew to a pristine state but can be undone
should you later need to do so for some reason.
    cd /usr/local/Library && git stash && git clean -d -f

Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours, this is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.

エラー内容の指示に従って

$ cd /usr/local/Library && git stash && git clean -d -f
$ brew update

を実行してすべて解決!

先日の OS X Mavericks 10.9.2 アップデートで書き変わっちゃったのかな。

Mac OS X 10.6.3 アップデート

macosx-info.png

アップルからMac OS X 10.6.3アップデートがリリースされました。詳しくは「Mac OS X v10.6.3 アップデートについて」をお読みください。

Mac OS X v10.6.3 Update (単体アップデータ)
Mac OS X v10.6.3 Update (Combo) (統合アップデート)

補足情報:

Mac OS X v10.6.3 or later:DNS 検索順序の動作を変更する方法
Mac OS X v10.6.3:診断および使用状況データの収集

console-window.png

クラッシュや強制終了した際に、自動的に Mac から診断情報と使用情報を収集して匿名でアップルに送信できます。これは任意なので拒否することもできます。

Aperture 3.0.2 アップデート

アップデート内容:

– Aperture 1.x および 2.x ライブラリのアップグレード
– iPhoto または以前のバージョンの Aperture からのライブラリの読み込み
– 階層化された写真フォルダのライブラリへの読み込み
– “人々”での名前の追加および一致の確認
– “人々”のコルクボード上のスナップショットの並べ替え
– プリントプリセットの作成と保存
– メタデータプリセットの複製
– カーブ、傾き補正、レタッチを使用した調整
– ビューア内でのスクロールを使った写真の操作
– XMP サイドカーファイルからのレート、カラーラベル、および GPS データの読み込み
– IPTC メタデータの互換性
– Aperture のゴミ箱を空にしたときの写真の削除
– バージョンおよびライブラリの書き出し

アップデートを行っておかしいなあ、と感じたらアクセス権やデータベースの修復を試みるといいですよ。

aperture-dialog.png

コマンドキーとオプションキーを同時押ししながらApertureを起動することでFirst Aidダイアログが表示されます。

新機能で便利だなあと感じたのが「ビューア内でのスクロールを使った写真の操作」です。

aperture-pref.png

初期設定では有効になっていないので、環境設定を開き「ビューア内でのスクロールを使った写真の操作」項目にチェックを入れます。ビューワに表示された写真移動がマウススクロールでできるようになります。

かわせみ v1.0.2 アップデート

日本語入力プログラム「かわせみ」がアップデートしました。ますます磨きがかかり使いやすくなりました。物書堂の開発者さん、お疲れさまです。

v1.0.2での変更点

– 「数字入力」を「半角入力」にしていると、数字を読みに持つ単語が変換できない問題を修正。
– 「数字入力」を「半角(直接)入力」にしていると、ローマ字変換で「n」直後に数字入力で「ん」に変換されない問題を修正。
– 「全角英字」入力モードを使用停止にしていると、かな入力時の「controlキーで英数字を入力する」が機能しない問題を修正。
– 「ー>」や「<ー」を「→」「←」に変換できるように改良。
– 「...」「。。。」を「…」に変換できるように改良。
– 句読点の変換候補に、ピリオドカンマを追加。
– キャップスロックの動作に「ON でひらがな入力」「ON で全角英数入力」「ON で半角英数入力」を追加。
– JISキーボードの「¥」キーで入力する文字に「¥」「?」のいずれかを選択できるように改良。
– シフト+「」で『』を入力するように環境設定ツールで指定できるように改良。
– ローマ字入力時の英字を半角で表示するに環境設定ツールで指定できるように改良。
– ローマ字入力時、読み作成時で末尾の「n」を「ん」に変換するように改良。
– 確定キャンセルの機能を追加。標準では control + delete、かなキー2回を割り当て。
– 読み入力時のスマート履歴の最初の候補を確定入力できるように改良。ATOK風タイプでシフト+リターンを割り当て。
– 辞書管理ツールで読み文字に半角カナを許容するように改良。
– 「一昨昨日」「明明後日」に日付の候補を、「今」「時刻」に時刻の候補を追加。
– 数字入力時のピリオドの補正を改良。
– 単語登録削除の基本品詞をキーボードショートカットで選択できるように改良。
– インストーラで初期設定(入力方法と環境設定テンプレートの選択)できるように改良。
– インストール後、再起動無しで使用可能になるように改良。
– 文字パレットの「分類」で検索で、見つかった文字が選択されない問題を修正。
– 10.5 のファインダーで、リストorカバーフロー表示にしていると、~/Library/Preferencesにあるファイルの名称変更やコメント編集ができない問題を修正。
– 郵便番号辞書と住所パレット辞書を、2009年11月30日公開の郵便番号データに基づいて更新。

kawasemi-registword.png

単語登録画面でコマンドキー+数字キーでショートカットキーが使えるようになったのはうれしい実装ですね。

二重鍵括弧を直接入力できるようになった、確定直後のキャンセルが出来るようになったのもうれしい改良のひとつ。

自分の好みでは、3点リーダーはピリオド3つが好みなのでオプションキー+ピリオドで半角ピリオドを直接入力できるようになってたらよかったなぁ。3点リーダー文字はオプション+セミコロンで直接入力できるので入力選択できる何かが欲しかった。

Mac OS X 10.6.2 Update

10.6.2 アップデートは、Mac OS X Snow Leopard を使用しているすべてのユーザにお勧めします。このアップデートでは、お使いの Mac の安定性、互換性、および安全性を向上するオペレーティングシステムの全般的な修正が行われており、以下の問題の修正も含まれています:

– システムからの予期せぬログアウトを起こす原因となる問題
– Safari Top Sites で画像に歪みが生じる問題
– Spotlight の検索結果に Exchange の連絡先が表示されない問題
– 管理者ユーザとして認証されなくなる原因となる問題
– NTFS および WebDAV ファイルサーバ使用時に起きる問題
– Menu Extra の信頼性
– 4 本指でのスワイプジェスチャで起きる問題
– Exchange サーバの設定中に Mail が予期せず終了する原因となる問題
– アドレスブックが編集中に応答しなくなる問題
– アドレスブックの連絡先にイメージを追加する際に起きる問題
– インターネットからダウンロードしたファイルが開けなくなる原因となる問題
– Safari プラグインの信頼性
– iWork、iLife、Aperture、および Final Cut Studio、MobileMe、および iDisk との全般的な互換性の向上
– ゲストアカウント使用時にデータが削除される原因となる問題

このアップデートの詳細については、次の Web サイトを参照してください:
セキュリティアップデートの詳細については、次の Web サイトを参照してください:

参考:

Mac OS X v10.6:10.6.2 にアップデートすると POP メールを受信できなくなる