カテゴリー
Mac OS X

10.5: Spaces – 操作スペース間でのドラッグ&ドロップ

icn_Spaces_128.png
以前お伝えしたSpacesで操作スペース間を移動する方法ですが、ウィンドウのみならずテキストや画像やファイルなども移動できるので作業効率が上がります。
例えば、操作スペース1番にSafari、操作スペース2番にテキストエディタを開いているとします。Safariで気になる文章がWebページにあったのでこれをテキストエディタで編集したいと考えたとします。同じ操作スペースにあればドラッグ&ドロップが使えますが、操作スペースをまたいでのドラッグ&ドロップは普通には出来ません。しかし、諦めることはありません。テキストを選択してドラッグできる状態にして、control+数字キーで目的の操作スペースへ移動することによって操作スペースをまたいでのドロップが出来るようになります。これはSpacesを使いこなす上で重要なヒントになることでしょう。

「10.5: Spaces – 操作スペース間でのドラッグ&ドロップ」への2件の返信

これ覚えておきます。便利ですね。
Spacesはいろいろ試行錯誤して自分流の使い方を探しています。まだまだ彼は心を開いてくれませんが(笑)、あきらめず使い続けようと思っています。

yamaqさん、コメントありがとうございます。
そうです!!求愛こそ最高の恋愛ですよ。(笑)
まだ、私も模索状態ですよ。あれやこれやと試してみて、いくつかが残っていくのだろうと思ってます。まずはありったけの機能に触れてみることから始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です