カテゴリー
Mac OS X

10.5: Spaces – 操作スペース間でウィンドウを固定する方法

昨日、Macな集まりで知りました。ほしいちさん、Thanks!!
sc1-071111.png
iTunesの縮小したウィンドウをどの操作スペースでも同じ位置に表示させたいって気持ちになったなら、Spacesシステム環境設定を開いて上の画像のように設定します。すると、操作スペースを移動してもiTunesのウィンドウが定位置に表示されます。

「10.5: Spaces – 操作スペース間でウィンドウを固定する方法」への2件の返信

yamaqさん、コメントありがとうございます。
私も実演を見たときには目から鱗でした。新しいOSには、こういうTipsを積み重ねてより良い環境を構築していく楽しみがありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です