カテゴリー
UNIX/Linux

vi: カレントバッファを管理者権限で編集

自分的にはとてもうれしい機能を追加してくれるプラグイン・スクリプト。管理者権限でファイルを開いてくれるプラグインなんだけど、編集をしていないカレントバッファを管理者権限で編集できるようにしてくれることがとてもうれしい。 `:!sudo vi filename` と強制的にやってもいいのかもしれないけど、ちょっと怖くて試したことがないのです。
このプラグインを入れていると `:e?sudo:%` とするだけでいいんですからタイプ数が少なくて済むことと、コマンドのようにカレントディレクトリを意識しなくてもいいのが楽ですよね。インストールは以下の手順で進めてviを再起動させれば完了です。
$ cd ~/Download
$ mkdir -p ~/.vim/plugin
$ mv sudo.vim ~/.vim/plugin/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です