カテゴリー
ガジェット

Nikon D3 – それは「圧巻」という表現が似合うカメラ

nikon_d3.jpg
ニコンのフラッグシップカメラNikon D3に触れてきました。カメラビギナーな私には「すごい」という言葉しか見当たらなかった。さすがはニコンのフラッグシップ。
まずは操作性の良さ。シーンにあった設定を直感的に行える。歴代のカメラからユーザーインターフェイスの変更はないということらしい。これはMacにも通じるところで、新機能が追加されたからと云って大きくユーザーインターフェイスを変えたりしない。新機能はその延長線上に継ぎ足されていき、また新たな新機能も継ぎ足されていく。こうすることでユーザーに「迷い」を与えずにできるのだ。これまでの操作性で十分だと考えているユーザーにはこれまで通りの操作性を提供して、新機能を試したければ新たな操作を覚えればいいのだからユーザーの負担にはならない。
操作説明を受けながらニコンの目指しているところは間違っていないと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です