カテゴリー
UNIX/Linux

jman – man ページを日本語で読む

Leopardになってから困っていたことがmanページを日本語で読めないことでした。コマンド名を覚えるのが精一杯の私はオプションの使い方を調べるのに役立っていたのです。やっと日本語で読めるようになってホッとしてます。
jman 復活 – hiroto sakai's site
インストールはインストーラを起動して完了。あとはコマンドサーチパスを.bash_profileに書き込むだけと簡単に設定できます。
$ cd
$ vi .bash_profile
既に$PATH環境変数を設定している方はコロンで区切って”usr/local/bin”を追記すればいいです。使い方は
$ jman ls
などとすればいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です