カテゴリー
Apple

Coda Plug-in Creator を使ってみた

icn_Coda_Plug-in_Creator_128.png
Coda 1.6 から実装されたプラグイン機能を作成できる Coda Plug-in Creator を利用してみた。簡単なものから始めるため、サンプルにある「Text.codaplugin」に国際標準日時を出力するコマンドを付け加えてみた。

#!/usr/bin/php

う〜ん、どうも思った通りの動きをしてくれない。テキストを選択した状態からコマンドを実行すると正常に動作するけど、選択していない状態だとドキュメントトップへ挿入されてしまうなぁ。出力タイプをちゃんと選択部分と置換: エディタでの選択部分とプラグインからの出力とを置換します。選択されていない場合は挿入ポイントに挿入されます。としてあるのになぁ。どうしてだろう?

「Coda Plug-in Creator を使ってみた」への2件の返信

本件を修正した Coda Plug-in Creator 1.1 をリリース致しました。
Coda デベロッパゾーンのドキュメントも更新されました。
1.6.1 にアップデートされた Coda と共に、お試しください。

@noby829さん、お知らせいただきありがとうございます。
確認したところ、問題なく動作しました。プラグイン動作も安定したようで一安心です。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です