カテゴリー
Mac OS X

プロキシーアイコンを活用する

プロキシーアイコンとは、タイトルバーにあるアイコンのこと。
wpid-proxy-icon.png
Finderウインドウやドキュメントウインドウで見かけるアイコンですね。このプロキシーアイコンは単なる飾りではなくファイル操作や階層情報を表示できたりします。Finderとドキュメントは修飾キーを組み合わせて行う動作に違いがあることを覚えておいてください。
Finderウインドウ:

  • コマンドキーまたはコントロールキーを押しながらクリックすると階層情報を表示
  • ドロップすることで移動
  • オプションキーを押しながらドロップするとコピーを作成
  • オプションキーとコマンドキーを押しながらドロップするとエイリアスを作成

ドキュメントウインドウ:

  • コマンドキーまたはコントロールキーを押しながらクリックすると階層情報を表示
  • ドロップすることでエイリアスを作成
  • オプションキーを押しながらドロップするとコピーを作成

たとえばフォルダを移動する際に内容を確認してから移動させたい時に、フォルダを開いて内容を確認したら階層を戻ることなくプロキシーアイコンをドラッグアンドドロップすることでフォルダが移動出来ます。他には、フォルダウインドウのプロキシーアイコンを保存ダイアログにドロップすると保存先として簡単に開けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です